どのように対応すべきか|見積もりを明確にしてくれるねずみ駆除業者に依頼しよう

見積もりを明確にしてくれるねずみ駆除業者に依頼しよう

どのように対応すべきか

作業員

自治体を利用する

害獣駆除の対象とされるのは、ネズミやアライグマ・ハクビシンなど、家に住み着いてしまう動物の他、人を襲うクマや農作物を荒らすイノシシなど、多種多様に存在します。駆除は対象となる動物の習性などを熟知した上で、狩猟や罠などを用いて行われます。害獣駆除では被害の拡大前に、早めの対応が不可欠ですが、許可申請などの手続きが必要です。そのため個人が、ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミなどの家ネズミ以外の害獣を捕獲・駆除することはできません。ただし自治体によっては、駆除や補助金の支給をしてくれる場合がありますので、相談してみましょう。駆除業者の選択で悩んでいるなら、自治体が駆除を委託している業者を紹介してもらうのも有効です。

侵入を防ぐ

害獣が家に住み着いてしまえば、追い出せたとしても、糞尿の処理やノミ・ダニ対策が必要になります。もし居住している地域で、害獣被害が報告されているなら、事前に侵入防止対策をしておくのが有効です。それでも害獣が侵入してしまった場合は、まず何による被害なのかを特定します。家ネズミ以外と判明した場合、駆除するなら業者に任せるしかありません。害獣駆除をした後に再侵入させないためにも、侵入防止対策はしっかりと行います。自治体で対策してくれる場合もありますし、害獣駆除業者も侵入防止や衛生対策に詳しいので、相談してみましょう。生活圏での害獣被害は、心身に多大なストレスとなりますので、予防と迅速な対応で被害を最小にすることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加